壁の色が怪しい時の外壁塗装でキレイに変身|キラっとマイハウス

Women

リフォームで充当な外壁

地域の特性とリフォーム

men

京都の町並みは、中心部と郊外とではかなり異なります。町屋に代表される中心部には古くからの住居や近代的な建物が混在しています。また、古い文化財や景観を守るために施行されている建築規制条例などにより、建物の高さや外観などにも配慮が必要とされています。近年、町屋を新しいスタイルにリフォームし、飲食店や宿泊施設に生まれ変わらせるという手法が取り入れられ、京都らしい雰囲気を残しながら新たな観光資源として利用する動きも見られます。 その一方、住宅街として発展してきた京都市郊外では、一般住宅を中心とした比較的歴史の新しいベッドタウンが多く存在しています。 高度成長期を境に急増したこれら京都市郊外型の住宅街では本格的な建替えやリフォーム需要が多く発生していると思われます。

外壁塗装の重要性

リフォームというと、水まわりや内装を中心に考えてしまう人が多いようですが、リフォームの際、最も重要なのは外壁塗装なのです。外壁塗装こそ、リフォームの成否を握るカギといってもいいくらい大切なテーマだといえるでしょう。 そもそも、外壁塗装の意義は毎日容赦なく続く紫外線の攻撃から家を守っていることだといえます。紫外線や酸性雨に晒される家の外壁は徐々にダメージを受けています。この紫外線によって引き起こされるダメージにより外壁は経年劣化を続けています。そして、外壁塗装のはがれやクラック発生などにより、水漏れが発生します。この水漏れはゆっくりと家の構造体そのものを傷つけていきます。これが長期間続くと、家の寿命そのものが短くなるという事態につながるのです。 したがって、10年に1回程度は外壁塗装を重視視したリフォームを施し、大切な我が家の寿命を適切に伸ばすようにすることが必要になります。