壁の色が怪しい時の外壁塗装でキレイに変身|キラっとマイハウス

Women

個人でも依頼しよう

どこに頼めばよいのか

men

一般的な木造一戸建て住宅を購入して住んでいる場合、入居後10年位経った段階で外壁塗装工事を実施する必要があります。外壁の材質や塗料の種類によって耐久年数が変わってくることになりますが、だいたい10年に1度は外壁塗装を行うようにするのが望ましいです。その際に、その家を建てたハウスメーカーや工務店に外壁塗装工事を頼む人が多いですが、それはあまり得策ではありません。ハウスメーカーや工務店は家を作るのが主業務ですので、外壁塗装のようなリフォーム工事は自分の所ではやっていません。結局下請けに出されますので、余計なマージンがかかってしまうだけになります。一番望ましいのは、直接塗装業者に頼むという方法です。全国各地に塗装業者が数多く存在していますが、京都にも良い塗装業者がたくさんいますので、安心して利用することができます。

塗料の種類について

京都は日本を代表する古都ですので、昔ながらの佇まいを見せる和風建築の家がたくさんあります。でも、京都には、洋風建築の家も思いのほかにたくさんあります。京都は古い物を大切にしながら進取の気風も上手く取り入れていくという特徴を持つ街であるため、古都の趣きを壊さずに、和風建築の住宅と洋風建築の住宅が上手く混在しています。そんな京都で長く地元密着型の営業を続けてきた塗装業者がたくさんいますので、安心して外壁塗装工事を頼むことができます。外壁塗装工事に使用される塗料は、アクリル系、ウレタン系、フッ素系、シリコン系の4種類に大別することができます。昔は安価なアクリル系塗料が用いられるケースが多かったのですが、現在ではコストパフォーマンスが良いウレタン系塗料が使用されるケースが一般的になっています。